目指す成果

セミナー・研修の目指す成果は「自己発見と啓発」です。

自己発見と自己啓発

自己発見と啓発することにより、研修後、自身の能力を自身で開花させていきます。

IT + C = ICT の理解

ITの普及で世の中は急速に変化し、ビジネスの世界も、仕事のやり方が大きく変わってきています。IT にもコミュニケーションが必要です。
たとえば、ワープロ・表計算・プレゼン資料などの作成は、利用目的や配布先を念頭においていますか?もし、配布先に年齢の高い人が多ければ、通常よりフォントを大きくする、そんな心遣いも ICT なのです。
※ ICT とは、IT(Information Technology)に「Communication(コミュニケーション)」をプラスした言葉です。

Employability を伸ばす

最近耳にすることも多くりましたが、「雇用されうる能力」(Employability = エンプロイアビリティ)を伸ばします。
職場環境、仕事のやり方が変わっても本質は同じです。よりよい人間関係を築き、自分で課題を見つけ、その課題をクリアできること、それがEmployability です。
たとえば、 上司への連絡は、「はぁ、まあまあ、いいんじゃないんですか」なんて言っていませんか?「終ったらすぐに、声をかけて、結果から、簡潔に、正確に」、こんな当たり前も Employability なのです。
※ Employabilityとは、 Employ( 雇用する ) と Ability( 能力 ) を組み合わせた言葉です。「雇用を維持される能力」という意味でも使われています。

ユビキタス的即戦力を目指す

「いつでも、どこでも、何でも、誰にでも」通用する即戦力です。
そのためには、自分自身の「印象管理・時間管理・情報管理」能力を高めることが必然です。


  • 印象管理 : 相手に「感じよい」という印象を与え、それを維持すること。
  • 時間管理 : 単に時間を守るということだけではなく、自分自身の人生設計ができるということ。
  • 情報管理 : 膨大な情報の中から、適宜必要な情報をピックアップし、それを活用できる能力のこと。

※ ユビキタスとは、ラテン語で「偏在する」 という意味です。総務省が2010年の実現を目指すユビキタスネット社会とは、いつでもどこでも何でも誰でもつながるネットワークです。

受講された方から

自分自身の能力に気づき、それぞれの場で活躍されています。


  • 研修後、丁寧にわかりやすく簡潔に話している自分自身に驚いています。受講してはじめて、研修目的や意義が理解できました。
  • 「何のためのマナー研修」と思いながら受講しましたが、最後になってやっとその必要性を理解できました。
  • インストラクタ研修を受講し、インストラクタとは単に教えるということだけではなく、人間力が要求される奥の深いものだと思いました。

セミナー・研修の    お問合せはこちらから